増席決定!!☆『オンライン勉強会 セクハラ・パワハラ裁判と被害者心理』に登壇します



来週、15分だけどお話させていただく「セクハラ・パワハラ裁判と被害者心理』ですが、数日前に、なんと100人の定員が満員御礼となっており、「申し込めなかったぁー!」というお声もうかがってました。

…が!主催さんのご配慮あって、なんと400人分増席!の定員500人までお申し込み可能となりましたーパチパチ👏👏

実際のセクハラ・パワハラ裁判からの知見と、バラエティに富んだ出席者の方々からの話題提供。なかなか興味深い内容ではと思います。

私の話す内容は………鋭意製作中です!!

時間は、1時間半。無料です。

ご都合の合う方、まだ申し込んでなかった!という方、ぜひ☆☆


(八幡真弓)

---------------------------------

オンライン勉強会『セクハラ・パワハラ裁判と被害者心理』【要申し込み】 フリーライターAさんの裁判では、性的被害を受けた後も“何事もなかったかのように”仕事を続けたことが争点の一つになっています。被害を“なかったことにしよう”と考えたり、“(加害者の)機嫌を損ねないように”対応したりすることはよくあることと言われます。こうした被害者心理について、さらにフリーランスへのセクハラ・パワハラの実態について学ぶことで、本裁判への理解を深めていただければと思います。 ●日 時:2021年6月16日(水)18時30分~20時 ●開催方法:ウェビナー(Zoom)

●申込み方法:「こくちーずプロ」で、6月15日(火)までに参加申し込みをお願いします。https://www.kokuchpro.com/event/882b727285707f39f69732a2aae4b8d9/

申し込まれた方には、ウェビナーへの参加に必要な情報を送ります。 ●参加費:無料 ●主催:フリーライターAさんの裁判を支援する会、出版労連、出版ネッツ ●問合せ先:a-shien@syuppan.net(フリーライターAさんの裁判を支援する会) TEL:03-3816-2911(出版労連) 《プログラム》 ◆講演:セクハラ・パワハラ裁判と被害者心理     青龍美和子弁護士、長谷川悠美弁護士(東京法律事務所) ◆話題提供 ①性暴力に関する刑法改正の動きについて 小川たまかさん(ライター):主に性暴力を取材。著書に『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』(タバブックス)。

②なぜ声をあげづらいのか――「表現の現場ハラスメント白書2021」より 田村かのこさん(アートトランスレーター):アート専門の翻訳・通訳者の活動団体「Art Translators Collective」代表。表現の現場調査団メンバー。 木村奈緒さん(フリーランス):ライター業を中心に、取材執筆ほ